office 羽音の燈

力を初めて人に使った日

中学3年生。初めて人に使った

私には、同じ年の従兄弟がいます。

彼は、調理師になりたくて、とても頑張って受験勉強をしていました。

私は、従兄弟が合格してくれると嬉しいな、くらいの気持ちで共に受験勉強を頑張っていました。

ですが従兄弟は、合格が難しいと先生に言われていたのです…

一方、私の方は希望校に合格するだろう。と言われていました。


私は、ミミちゃん(猫)のお墓で、祈りました。

毎日、毎日、学校から帰ってくると毎日、祈りました。


結果、難しいと言われていた従兄弟は無事合格しました。

後日、私は希望校不合格でした…

私は、落胆しました。努力を怠ったわけじゃありません。

本当に頑張ったんです。

私は、ミミちゃんの墓の前で泣きながら、どうしてなんだと問いかけました。


 水の中で聞こえるような澄んだ声が聞こえました…


『 だってお願い事したじゃない!?  お願い事に見合った対価を、自分からもらわないと… 』

愕然としました。全身の力が抜け、私はそこに、どれくらいの時間立っていたのか…

しばらく理解できず、後悔することすら許されず

どうして自分の進路を捨ててまで

人のために使ってしまったのか…

*・゜゚・*:.。..。.:*・''・*:.。. .。.:*・゜゚・*


願いを叶えてもらうには、自分の何かを取られるんだと…

対価を差し出す…

なんと恐ろしいことなんだと…

願いごとをするのを、やめようと思いました。


*・゜゚・*:.。..。.:*・''・*:.。. .。.:*・゜゚・*

Mobile QR Code

QRコード
携帯のバーコードリーダーでQRコードを読み取ることで、携帯版ホームページへアクセスできます。
office 羽音の燈
開運アドバイザー    咲祈満  奏羽

office  栃木県
お問い合わせはこちらから
PAGE TOP