office 羽音の燈

21歳。祈祷3ヶ月

自分の体に願掛けをする

21歳。背中に彫りものをしました。

痛かったです。願掛けです。

3ヶ月間、ある方に祈祷していただき

祈りを込めた絵に魂と念願を吹き込む。

*・゜゚・*:.。..。.:*・''・*:.。. .。.:*・゜゚・*

19歳、それは突然やって来ました。あるカウンターバーで一人で飲んでいると、隣に座っていた中年の男性が一緒に飲んでいいですか、と近づいて来ました。私はご馳走すると言われたので軽い気持ちでOKしました。これが間違いでした…


その方は霊能力者で、突然言い出したのです

『体の中で猫を飼ってるのはなぜ?あなたの魂を食って生きてるを知ってるのか?』


私はびっくりしました。正直誰にも話したことがないのに…

そうです、小学5年生の時に他界した、猫のミミちゃんの魂を天国に返すことを許さず、自分の中に取り入れてしまったことを…


ガクガク、わなわなと、体が震えました。
『外へ出す!じゃないとダメだ!』

私が渋っているとわかるや否や
『猫ちゃんが苦しんでいるよ、光も当たらない真っ暗闇の中で何年生きているの?その猫ちゃん…』

涙が溢れました。そんなはずじゃない、いや違う、
苦しめたかったんじゃない…
気が動転しました…

急がないとダメだ、みたいなことを言われ私は、その方の家に行ってしまったのです…


*・゜゚・*:.。..。.:*・''・*:.。. .。.:*・゜゚・*


十九、二十歳、生きるか死ぬか、運が良ければ嫁に行く


*・゜゚・*:.。..。.:*・''・*:.。. .。.:*・゜゚・*


地獄へ落ちた…終わった…


*・゜゚・*:.。..。.:*・''・*:.。. .。.:*・゜゚・*


すごいことが始まってしまった。魔法陣のようなものを、床一面に書いています…

私は怖い気持ちと不安な気持ちで、ただその人の行動を見ているだけでした…


その方の風呂場を借り、体を綺麗にしたのち歯磨きまでさせられ…

魔法陣の真ん中に座らさせられ…何やら唱え始めました…


…あっ…        ミミちゃん!


天井の四隅にいます、体から出され、戻れず天井をうろうろと歩いています…

なんてことを…私は泣き叫びました、戻してくれと懇願しました


その方は絶対にそれはできないというと、最後に触れさせてあげるといい、何か膜のようなものを解除してくれました。


11歳から触れることができなかったミミちゃんを抱きしめました。

重かった。涙が止まらなかった。

少しだけ温もりを感じることができた。


どうしても離れたくなかった。


*・゜゚・*:.。..。.:*・''・*:.。. .。.:*・゜゚・*


私はまた一人ぼっちになってしまう…


*・゜゚・*:.。..。.:*・''・*:.。. .。.:*・゜゚・*

この瞬間から、私の人生は本当に地獄で、この人に軟禁されてしまう…

3ヶ月間軟禁されたのち死を覚悟して脱出する、見つかって半殺しにされる

親の借金1,600万肩代わり

叔母から世話になった恩があるので断れず、ネットビジネスに加入させられ300万使わさせられる

朝から晩まで働いて、疲れ果て…


自殺未遂3回。


*・゜゚・*:.。..。.:*・''・*:.。. .。.:*・゜゚・*


ミミちゃんをもう一度、体に取り込もう…


ミミちゃんに天国から帰って来てもらおう…



体から出されて3年。本当に地獄だった…


死ぬことすら許してもらえず…あれだけのことを3回もしたのに…


ならば今度は引かない、諦めない、一か八かやってみよう。


私は人づてに、めちゃくちゃ心の温かいおばちゃんがいる。霊感が強すぎて自宅に神社を作って、毎日みんなの平和を願って祈りを捧げている人がいる。と聞き

探しました。ものすごく探しました、そして会えるまで、さらに時間がかかりました。


私は一枚の絵を持って会いに行き、この絵を一生背負って生きていくので祈願して欲しいとだけ伝えました。


その方は優しく微笑むと大事そうに、絵を祭壇にしまってくれました。



ありがたくて涙をこぼすと

『辛かったわね、もう大丈夫よ、あなたの人生は、みんなが歩めない人生なのよ。』

『だから、本当に辛かったわよね、よく生きていてくれたわ、本当に有難う。』


涙が止まらなかった。


*・゜゚・*:.。..。.:*・''・*:.。. .。.:*・゜゚・*


有名な彫り師の元、祈願する

針が私の体を走る…

血が滲むその中に消えない線が生まれる


親から戴いた、この体に手を加え願掛ける


*・゜゚・*:.。..。.:*・''・*:.。. .。.:*・゜゚・*


世の中の全ての弱者を私の愛で包み守ります
約束します。神様に誓います。

だから私の元に帰って来て、ミミちゃん


私の願いを叶えてください。


*・゜゚・*:.。..。.:*・''・*:.。. .。.:*・゜゚・*


自分の人生を自分のためじゃなく

弱者を守るために使う。と対価を払い


ミミちゃんとの生活が復活した…


*・゜゚・*:.。..。.:*・''・*:.。. .。.:*・゜゚・*

Mobile QR Code

QRコード
携帯のバーコードリーダーでQRコードを読み取ることで、携帯版ホームページへアクセスできます。
office 羽音の燈
開運アドバイザー    咲祈満  奏羽

office  栃木県
お問い合わせはこちらから
PAGE TOP